トリマー資格

トリマー資格を取るためには

トリマーの資格を取るといっても勉強方法はいろいろあります。
単純に資格を取るということであれば通信講座(実務ありなど)もありますし、より実践的に技術を学ぶということであれば専門学校にいくという方法もあります。
さらにスクールもいろいろありそれぞれ価格や特徴も違いますから比較して選ぶことになると思います。
そこでいくつか紹介したいと思います。

 

トリマー資格と勉強方法

グルーミングの勉強をしたいという方でも時間が取れないというかたもいると思います。
そういった方は通信講座という方法もあります。
たとえばヒューマンアカデミーのたのまななら通学する場合と同じ実習環境を自宅で実現できる通信のトリミング講座があります。
サポート体制などもしっかりしていますし、大手の企業ということで利用しやすいというのもあるのではないでしょうか。

 

専門学校もいくつもあります。
通信講座のように自宅ではなく、通うことになるので住んでいる地域によっても変わってくると思います。
ですからいろいろ比較することになると思います。
なるにはなどならグルーミングの勉強ができる専門学校がいくつも掲載されているので比較しやすいと思います。
資料もまとめて送ってもらうことができるので便利だと思います。

 

一度チェックしてみてはどうでしょうか。

トリマーとは

トリマーとは主に犬や猫などのペットの毛を可愛くカットしたり、耳や爪のお手入れや病気などの予兆が無いかをチェックしたり、健康管理のアドバイスをしたり、動物の美容と健康を維持するお仕事になります。

 

トリマーとして仕事をするには国家資格は必要ありませんが、民間の資格を持っている人が多いです。資格を持っている事で一定水準の技術と知識を持っている事が客観的に証明されるので、仕事もしやすいですし顧客からの信頼も得やすいです。

 

資格を取得するには、専門学校へ通ったり通信教育で受講して取得する事も可能です。
資格取得に年齢制限などはありませんので、転職をしたい方や自分で起業したい方にも人気があります。
トリマーは男性よりも女性に人気の仕事ですし、年齢に関係なく長く続けられる仕事でもあります。
最近はペットを飼う人も増えてきており、トリマーの需要は今後も増えると予想されます。

 

ペット業界にも流行りなどがありますので、流行のカットの仕方を勉強したり、ペットによって掛かりやすい病気についての知識や、飼育する時の注意点などは犬や猫の種類によって変わってきます。
飼い主さんにより適切なアドバイスが出来る様に様々な種類のペットについて幅広い知識が必要ですし、何よりも動物が好きな人に向いている仕事です。

 

トリマーの資格を取る意味とは

トリマーのお仕事をするには国家試験が必要な訳ではありませんので、技術力や知識があれば、誰でも仕事をする事が出来ます。
しかし現実的には民間の資格を取得して仕事をしている方がほとんどです。
トリマー専門の学校へ通う人もいれば、通信講座で取得をする人もいます。
ではトリマーの資格を取る意味とは何なのでしょうか。

 

トリマーの仕事はペットの毛をカットするだけだと思っている方も多いと思いますが、仕事内容はそれだけではありません。

 

爪や耳のお手入れや寄生虫などのチェックなど、ペットの健康状態にも目を配る必要があります。
その為、動物に関する知識を豊富に持っておく必要があります。
知識を持っている事で、ペットの異変に早く気付いてあげられ病院への受診を促したり、飼い主では気が付かなかった部分まで気が付いてあげられる事が出来ます。

 

また飼い主からの様々な事を相談される事もあります。
食事内容や運動方法など、ペットを飼う上で疑問に思う事に対してアドバイスを求められる事もありますので、その時に適切なアドバイスが出来る事は飼い主さんの信頼を得る事にも繋がりますし、資格を持っている事で相談する側も安心して相談をする事が出来ます。

トリマー資格を取得するならどれがいい?種類とそれぞれの特徴

トリマーに関する資格はいくつもの種類がありますが、最も定番なのはJKC公認のトリマー資格です。
JKC養成機関から専門校受講コースが用意されており、資格について勉強しやすく取得への道のりも容易というのが特徴で、また受講しない一般受験にも対応しています。
資格レベルはアルファベット順で6段階に設定されていて、A級に近づくほど難易度が高まります。
B級より上は高いレベルが要求され、受験資格としてもC級取得後2年以上の経過が必要です。

 

JDAが公認するトリマー資格も上記に次いで人気で、こちらは1級から3級の3ランクに分かれています。
こちらのトリマー資格を取得するにはまず、JDAが認定する専門学校で学ぶ必要があり、まず最初に3級の受験資格を、2年間の履修後に1級の受験資格が得られます。
一般受験できないため受験者が限定されてしまいますが、認定校は全国にあり、入校後はパートナードッグが与えられ、さらに豊富なペットと触れあいながらトリミングを学ぶことが可能です。
在学中に資格ランクアップができ、また卒業時には即戦力のトリマーとなれるのが魅力的です。

 

猫のトリマーを目指すならばこれを取得すべきと言われているのが、ICCが主催するグルーマーライセンスです。
こちらはトリマーのことをグルーマーと呼んでいます。
資格は技術レベルごとにAからCの3段階に設定し、まずはC級からの挑戦となりますが、公認校での所定規定クリア、またICC会員として1年以上の経過、会員資格取得から実務経験2年以上の経過が必要となります。
B級はC級取得1年以上の実務経験か養成機関を経てから挑戦できます。

トリマーのお仕事の人気と実際の仕事内容についてご紹介

一番の仕事内容は、ペットの毛を整えるトリミングです。
髪の毛が伸びて私たちがヘアサロンに行くように、ペットも定期的に毛を整えて美しく清潔に保ってあげる必要があります。
働く場所はペットショップやトリミングサロン、動物病院と様々ですが、流れはどこも同じで、飼い主さんと相談し、ペットを希望のスタイルへと仕上げます。
犬や猫とペットによって求められるトリミング技術が異なるのはもちろん、種類によっても毛並みは異なるため、幅広いペットへの技術が求められます。
一般家庭で飼われているペットのカットだけでなくペットショーに参加するような上品なペットのカットもあり、後者となると高い技術が求められます。

 

ペットの健康面もチェックする役割をトリマーは担っています。
毛だけでなく爪や耳を掃除して、体に触れる際に身体の異常をチェックして、もし健康上のなんらかの異変を見つけたら飼い主へと伝えます。
異変があった場合の対処はトリマーの業務から離れることになるため、動物病院のトリマーであればそちらに、それ以外であれば病院を紹介する形となります。
その他、ペットの健康維持のために飼育方法などのアドバイスも飼い主に伝えるのもトリマーの役割です。

 

ペットの需要は年々高まっています。
その背景には生活のゆとりが生まれてきた家庭が増えてきたこと、お年寄りや独身者など寂しい思いをしているなど、ペットに愛情を注ぐ方が増えていることがあげられます。
それに比例してトリマーの需要が高まり、また安定して稼げる上にたくさんのペットに触れられる魅力ある職業として注目され人気も高まっています。

トリマーの将来性はあるのか?今後の見通しとペットブームについて

現在は空前のペットブームの最中で、その勢いは年々加速の一途と言っても大げさではありません。
この理由は様々で、まず余裕ある生活が営めるようになった家庭が増え、集合住宅でもペット飼育が可能なところが増えたことがあげられます。
晩婚化やお年寄りが増えたことも関係しており、家族と離れて暮らす寂しさを抱える人、ストレスを抱える人たちがペットに癒しを求めます。

 

ペットサービスは多々ありますが、中でもトリマーの需要は高いです。
元々自然の中で生きていた動物ですから、本来はカットする必要はありません。
毛は定期的なサイクルで生え変わり、異様に長くなって命を脅かすことはありません。
しかし、ペットが人間と一緒に安心安全に暮らしていくためには、飼い主がペットの毛についてしっかり管理してあげなくてはいけません。
長すぎる毛は部屋を汚し、衛生面を悪くして人間に悪い影響を与えかねません。
ペットのためであり、飼い主自身のためにも、定期的なペットのカットが欠かせないのです。

 

トリマーに将来性はあるのか、という問いについては、あると断言して良いでしょう。
例えば、ペットを飼ってはならない、というおかしな法律でもできない限り、大変な経済破綻が起きて飼う余裕がなくならない限り、人間に対する重大な病原体がペットに発生しない限り、私たちとペットの距離は今後も深まる一方です。
ペットを可愛がる方が増えていく限り、トリマーは安定して稼げる職業であり、また求められる技術もどんどん向上していることから、より高いレベルのトリマーを目指す楽しみにも溢れる職業です。

ペット相手の職業トリマーの年収は?気になる収入について

トリマーの収入は自身の技術力、地域や店によって差があり、平均としては15〜20万円の間で、年収としては固定給だけで200万円前後、ボーナス等の特別手当を加えた場合、300万円前後です。
もちろん、高いレベルのトリマーであればそれ以上の収入も期待できますが、初任給としては月給15万円前後からのスタートが基本のようです。
待遇によっては、やや低めの収入ということもありますが、これは個人経営店のトリマーとして雇われる場合に多いようで、安定した収入を確保したいのであれば大手チェーンの方が期待できます。

 

正社員以外の雇用形態としてはアルバイトや契約社員もあり、こちらの時給も正社員同様に条件に寄って差があります。
下は700円台から上は1500円前後が目安で、契約社員の方がアルバイトより時給が優遇されています。
時給設定としては他職と大きな違いはありません。
正社員として働いていた既婚者が職場復帰として、学生の方が就職を目指してという場合での雇用なら十分かもしれませんが、収入を重視するようであれば正社員の方が間違いなく安心です。

 

給料アップは基本的に年功序列とも成果主義とも言えず、中々難しいのが現状のようで、作業効率の向上により収入が上がるかといえば、出来高ではないのでそれも期待できません。
それでも、正社員であれば経験を積んで仕事の幅が増えていけば、正しい評価に伴って給料が上がることはあります。
一番の収入アップは独立です。
トリマーはセンスが求められる職業でもあります。
あなたの腕に人気が出て知名度が上がれば、顧客を獲得して店を構えることも夢ではありませんが、経営しだいで収入が必ずしも上がるとは限りません。

トリマーの資格で独立して個人店を開業する方法とは

トリマーは芸術性が追及できる職業でもあります。
美容師がお店で経験を積んで独立を希望するのと同様に、トリマーも自身のオリジナリティを追及するとなれば、独立への道を目指すのが一番です。
また収入アップを目標として独立を希望するトリマーもいます。
個人店やチェンー店のいずれであっても、雇われという立場では自分の思い通りの収入は必ずしも確保できません。
独立して開業すれば収入は自身の努力しだいでどうにでもなります。
もちろんリスクもあるのが独立ですが、トリマーとして上を目指すのであれば、独立は1つの終着点です。

 

独立は実は難しくありません。
独立資金はそれはもちろん必要ですが、それ以外にはトリマーとしての知識と経験、独立後に確保できる顧客が揃っていれば比較的容易です。
店舗を構えるとなると費用が嵩んでしまいますが、出張トリマーという形式にすればお客様のお宅に迎える車さえあればそれで十分です。
自宅を改装してお店にすることもできます。
トリマーは動物病院のようなことは必要とされませんから、ペット医療器具やペットルームに厳格な指定はありません。
場所よりも自身の知識と経験が独立に求められます。

 

またトリマーには民間資格がありますが、こちらの有無は独立に一切関係ありません。
ただし、あると便利であるのは確かです。
資格があれば自身の知識と経験の証明となります。
個人店を構えるにあたってお客様から信頼を得ることは大切です。
このときに資格があれば、自身の腕をお客様に証明できます。
資格があることで法的にできる仕事範囲が広がることはありませんが、仕事量に影響することは十分にありえます。

動物専門学校を利用する

トリマー資格は通信講座でも勉強することができますが、しっかり学びたいという方は専門学校に通うのも一つの方法です。
そこでこちらの動物専門学校のサイトでいろいろ紹介しているので参考にしてみてください。


相互リンク研究会 ノクターン PRL 相互リンク 借金 無料相談 介護